自動車保険 自賠責保険

自動車保険の自賠責保険に関する基礎知識

みなさんは、自動車の自賠責保険の仕組みについてお聞きになったことありますか?

 

ここでは、自動車の自賠責保険に関する仕組みがどんなものなのか簡単に説明させていただきます。

 

まず、自動車の自賠責保険とは、「交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられる」ために国が始めた制度のことです。

 

別名「強制保険」と呼ばれています。

 

公道を走るすべての自動車やバイクに加入が義務づけられています

 

自賠責の証明書を車に積んでいない場合、30万円以下の罰金か課せられます。

 

有効期間が切れている場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

 

現在、自賠責保険による賠償金の最高限度は1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、傷害120万円と定められています。

 

1回の事故で複数の被害者が出た場合、それぞれの被害者に対して限度額まで支払いがなされます。

 

期間中に何度事故を起こしても支払金額が減額されることはありません。

 

ちなみに自賠責保険にかかる金額は以下のようになっています。

 

普通車

  • 12ヶ月・・・16,350円
  • 24ヶ月・・・27,840円
  • 36ヶ月・・・39,120円

 

軽自動車

  • 12ヶ月・・・15,600円
  • 24ヶ月・・・26,370円
  • 36ヶ月・・・36,920円

 

 

という金額になっています。

 

1年単位で支払うよりは2年あるいは3年分支払った方がいくらか得するようになっていますね。

 

以前は軽自動車の自賠責保険は安かったのですが、少し前に値上がりしてしまい、普通車と大して差が無くなってしまいました。

 

軽自動車に乗っている人にっては非常に迷惑な制度改正でしたね。