軽自動車 車両保険 安い

車両保険を安く抑えて保険料を安くしよう

みなさんは、車両保険を安い設定にする秘訣をご存じですか?

 

一般的に言って、車両保険をかけると毎月の支払い額がグンと高くなると言われています。

 

そのため、多くの方は加入されていないようです。

 

では、どうすれば支払い額を安い設定にすることができるのでしょうか?

 

安い車両保険を実現させる方法として、「免責」をつけて契約する方法があります。

 

「免責」とは、何でしょうか?

 

それは、事故を起こして修理する際に、自己負担する金額のことです。

 

例えば、免責額を5万円に設定して車両保険をかけている場合、物損事故でこちらの車に20万円の損害が出たとしても、免責額5万円を差し引いた15万円しか支払いは受けられません。

 

この免責により、会社にとっては支払いのリスクが少なくなるのです。

 

そのため、事故発生時には自己負担が増える一方、毎月の支払額は安い金額に設定してもらえるのです。

 

また加入するプランを一般にするかエコノミーにするかでも保険料は大きく変わります

 

以下の図は一般とエコノミーでは補償内容がどう違うのかを表したものになります。(ソニー損保より引用)

 

一般とエコノミーの違い

 

最も大きな違いはエコノミーでは当て逃げと自損事故に対して保険が適用されなくなるというところですね。

 

とはいっても安い保険料で十分な補償を受けることができるので、保険料が高いうちはエコノミーに加入し、保険料が安くなってきたら一般のプランに加入すればいいと思います。

 

 

車両保険を安く抑えて保険料を安くしよう関連ページ

軽自動車の車両保険は本当に必要?
軽自動車の車両保険は本当に必要なのか疑問に思っている人も少なくありません。ここでは車両保険に入ることの意義について解説しています。
軽自動車の車両保険への加入率はどれくらい?
軽自動車の車両保険への加入率について調べてみました。車両保険に加入するかどうか検討している方は参考にしてください。
軽自動車の車両保険の相場は?
軽自動車の車両保険の相場について調べてみました。軽自動車にお乗りの方は参考にしてください。