自動車保険 スマホアプリ

自動車保険でスマホアプリに対応しているのは?

最近では、多くの自動車保険がスマホアプリに対応するようになりました。

 

世の中は、どんどん便利になっていきますね。

 

では、どの自動車保険がスマホアプリに対応しているのでしょうか?

 

どうして多くの会社がスマホアプリ対応に乗り出しているかというと、補償内容についてはどの会社でも大差がないからです。

 

そのため、補償内容以外の事故対応などのサービスによるPR合戦が行われているのです。

 

各社で出しているスマホアプリとしては、三井住友海上の「スマ保」損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が共同開発した「Safety Sight」ソニー損害保険の「トラブルナビ」や「ドライバーズナビ」チューリッヒの「Z-Gate」などが挙げられます。

 

アプリではありませんが、SBI損保もスマートフォンサイトで同じようなことができます。

 

自動車保険のスマホアプリで役立つ機能と言えば、ドライブレコーダー機能ですよね。

 

これは、危険挙動があった場合の車両前方の映像を記録する機能のことです。

 

他にも、衝突防止や居眠り防止のための機能や安全運転を診断したりするような機能、事故が起きた時の対処方法を案内するような機能などがあるようです。

 

スマホアプリに対応している自動車保険について、少しご理解いただけましたか?

 

それで、みなさんがスマホアプリに対応している自動車保険をお考えの際には、これらの情報を是非参考にしてください。