自動車保険 車両保険

自動車保険の車両保険に関する基礎知識

みなさんは、自動車保険の車両保険についてどのくらいご存じでしょうか?

 

多くの方は、おおよその目的についてご存じのことと思います。

 

それで、ここでは自動車の車両保険に関する仕組みについて簡単にご紹介させていただきます。

 

まず、自動車の車両保険とは、車が事故によって損害を受けた場合に、修理代などを補償する目的があります。

 

例えば、「新車なのに、駐車場で当て逃げされた」とか「車がガードレールに接触して傷ついてしまった」という場合に損害をカバーしてくれるのです。

 

金額設定は、契約する車の年式や種類の「時価」をもとに決められるようです。

 

たとえば、50万円の価値しかない自動車に300万円、500万円の価値がある自動車に100万円の金額を設定しようとしても、それはできません。

 

普通車ではフェラーリやポルシェといった会社やスカイラインやRX-7といったスポーツカーは料金が高めに設定されています。

 

詳しい料金設定は料率というものによって決められていますので、気になる方は調べてみてください。

 

ちなみに料率が設定されているのは普通車以上のものになります。

 

つまり軽自動車には料率が定められていません

 

ただこれについては疑問視する声も多いので、そのうち改正されるかもしれません。

 

軽自動車の車両保険は料率が決まっていないので若干の違いはあるものの、だいたいどの軽も同じぐらいの料金になるようです。

 

また、最近では、「お酒を一滴でも飲んでいたら車両保険を支払わない」とする会社が増えています。

 

これは、当たり前といえば当たり前なのですが、自分で愛車を台無しにするこのがないように普段から十分に注意しなければなりません。

 

飲酒運転に対する法律も厳しくなっているので、「飲んだら、乗るな」を必ず守りましょう。